おならがよく出る人や止まらない人!臭いおならの原因と対策

おならがよく出る人や止まらない人!臭いおならの原因と対策

人前でオナラがばれた経験です

自分のオナラの匂いが気になる時は、ストレスを強く感じている時だと思います。出すときも、臭いの少なく音がしっかり出て気持ちの良い出方ではなく、
ゆっくり漏れるような出方です。

 

たまごの黄身のような匂いがします。一人の時はもちろん気にせず出し放題ですが、困るのはやはり職場や人前で
出てしまった時です。自分がしてしまった時は、ひたすら無言で、匂いがとにかく拡散されて時が立つのを待ちます。

 

大人になった今は、そう困る

 

ことはありませんが、一番苦労したのは学生時代に教室で出てしまった時です。長時間、机が密着している中でずっと授業を受けるのが結構ストレスだったんですね。高校時代は、自分で「おなら病」と名づけるくらい、臭い匂いを撒き散らしてしまう時期がありました。時期は2週間くらいだったと思います。

 

最初はひたすら我慢して肛門もがんばってくれるのですが、長時間続くと、体内に溜め込めなくなったガスが、どうしても漏れ出てしまいます。そのときの席は、クラスの右側でしたが、左端の子が「うんこくさい」と言い出し、みんなが鼻をつまむ事態となってしまいました。誰がしたんだとみんな詮索しますが、匂いが強烈すぎて拡散しすぎて元もわからなかったようです。

 

 

先生は、無邪気に、「昔、自分のクラスメイトでよくおならをする子がいて、『チューリップッ』と叫んでしていた子がいたぞ」と笑い話をされていましたが、その話で笑いに包まれる中、自分はクラス中に匂いを拡散させてしまった事が気が気ではなく、笑いながらも顔は引きつっていたと思います。

 

ごく数名の子が、私の動揺する様を見て笑っており、どうやら彼らには分かってしまったようです。

 

このような体験をしたので、あれから十数年たつ今でも、家の中でおならを出すときは「今は堂々とおならが出来ていいなあ」とどこか心の隅で感じます。それどころか、一人でおならをするときは、たまご臭がきついほど出し甲斐があるなと感じています。今では、主人が呼吸をする感覚で堂々とおならをしているので私も我慢することはなく、出しあっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る